例文を参考にするメリット

勉強道具

組み立て方が一目でわかる

起承転結を重要視するとはいっても、その通りにかける人はごくわずかでしょう。言葉だけではなく、例文を見て文章の流れを知るとより早くコツやポイントを掴むことができますよ。文書を組み立てるのが苦手なら例文ありきでしょう。

例文で見る内容の濃い書き方

文章の書き方は悪くないのに、どこかしら薄っぺらい内容になったというのは誰もが経験しているはずです。志望動機の例文を参考にすることで、どのように自分の夢や目標を詰め込んだ方がいいのかを一目で確認できます。

ワンポイントアドバイスが良い

ただ例文を紹介するのではなく、ここはこうした方がいい、ここにこれを入れるともっと良くなるなどのワンポイントアドバイスがあるのも例文の良さです。また、書き上げた志望動機と見比べると至らないところを発見することができます。

きっかけはこうして生まれる

書き方の基本はわかっても夢や成し遂げたいことが思い浮かばず、中々前に進めないという方は少なくないでしょう。どのようなきっかけで夢を持つことができるのかをランキングにて紹介しています。

志望動機に深みが出る書き方

no.1

学校の魅力に触れる

日本全国にある大学や専門学校では、専門技術を学んだり、経済や経営、法律学科など専門性に長けている学科が多くあります。オープンキャンパスは様々なことに触れ、夢や目標を見つけるきっかけづくりに活用されているため、参加すれば何かしらの変化はあるかもしれません。

no.2

過去の経験が役立つ

志望動機で最も多いのが過去を絡めた書き方です。例でいうと、昔からゲームが大好きで自分も面白いアプリを開発したくなったというのがあります。小さい頃の趣味が、そのまま自分の夢になることも多く見事叶えた人は第一線で活躍しています。

no.3

人に指摘されたことが夢になった

「○○に向いてそうだね」「一度やってみたら?」という第三者の意見が夢を作るきっかけになるケースもあります。目指す学校がわからないなら、自身をよく知る人物に尋ねてみてもいいでしょう。それが志望動機に必要な情報になるかもしれません。

no.4

憧れの人に近づくために

世界で活躍する研究者は、様々な可能性を持っているものです。実際、世界的に有名な賞を頂いた人たちは、レベルの高い大学を進学していることがわかっています。「この人のように歴史に名を残したい」という思いから生理学や医療薬学科などに進む人も多いですから、名誉ある人物の名前を挙げて書けば印象に残る志望動機が書けます。

no.5

元々趣味がある

より説得力ある志望動機にするためには、何事にも興味を抱くことがとても大切です。なんでもいいので本や漫画、ドラマ、映画なんでも目を通しましょう。本なら作家、漫画なら漫画家や絵ですから、芸術関連の大学に進みたいと思う時がくるかもしれません。実際、何気なく続けていた趣味が、志望動機に上手く活きたという人もいます。