書き方に注意しよう

生徒

語尾を揃える

志望動機の書き方よく見かける「です・ます調」や「で・ある調」ですが、これらの語尾をごちゃまぜにして使うと、非常に読みにくい状態になってしまいます。ルール上は、統一するのが基本なのでそこに気を付けながら書きましょう。

曖昧な証言をしない

やってしまいがちなのが「〇〇だと思っています」「○○したいと思います」などの表現です。例えば、「入学したら学校でボランティアをしたいと思います。」という書き方は思っているだけで行動に移せるのだろうか?と疑問符がつきます。これを「学校に入学したらボランティアに力を入れます。」という具合に断言した書き方にすることで期待できる優秀な人物という印象を与えることができます。

原稿の使い方をもう一度おさらい

志望動機を書く上で重要なのは文末だけではなく、原稿用紙の使い方もそうです。基本的に志望動機は作文と一緒で、始めは必ず1マス開けるのが決まりです。縦書きの場合は、数字を漢字に直すことを忘れないようにしましょう。また、パソコンを使って書く時も同様のルールです。